Monthly Archives: 2月 2017

代謝がよくなった

かれこれ10年くらい前。仕事がすごく忙しくて、トイレに行く時間も勿体無いというような生活をしていた。

事務処理などが主な仕事でほとんどパソコンに張り付いてデスクに座りっぱなし。
休憩時間も休まず、お昼ご飯の時しか水分も取らないものだから、トイレに行きたいという感覚もない。

朝、自宅を出るときにトイレに行って、残業終わりに自宅でトイレに行くという生活。
その話を当時、友人にしたらみんなが口々に「体に悪い」というものだからちょっとそれから気にかけていた。

しかし子どもを産んで母乳育児をしていると、のどが渇いて仕方がない。
常にお茶やカロリーのない飲み物を飲んでいた。

そうすると、水分補給が日常的になってきて、トイレの回数も午前中に3回は行くようになった。だんだん代謝がよくなってきたみたい。
汗もすごくかくようになって、ちょっと動くと汗をかく。

そして授乳がなくてものどが渇くようになって、水分を取る回数が増えた。代謝がよくなることで、お通じも規則的に出るようになって、体調もよくなった。やっぱり代謝って大切なんだと痛感した。

ダイエットへの近道

お水が好きな人多いですよね。
私はお水よりお茶派なので、コンビニなんかでお水のペットボトルを買うというのは考えられないです。

でも、お茶にはカロリーがあるからお水を買うということを友人が言っていました。

なるほど、ダイエッターにとってはお茶のカロリーすらNGなんですね。

ということは私もお水を飲もう!と思ったのですが、お水があまり好きではない。
なんでだろう、と思ったら、私がおいしいお水を飲んでいないからなんだと気づきました。

最近はウォーターサーバーを個人の家でも使っていることが多くなってきましたね。

やっぱりみなさん、お水にはこだわっている人が多いのですね。
置いてあるお宅でお水を飲んだらとっても美味しかったです。

私もおいしいお水をのんでダイエットに挑戦してみようかな。
日々のお茶を水に替えるだけでもかなりのカロリー消費になるのかもしれないです。

それから、お料理に使うお水も美味しいものを使えば、お料理の味も美味しくなるはず。

賢く水を選ぼう

水の種類って味やその産地などこだわりがありますが目的に合わせて選ぶことができるのです。

まずは便秘に悩む人はマグネシウムが多い硬水がオススメ。

腸の水分を弁に吸い寄せてやわらかくしてくれるのでスムーズな便意を促してくれるのだとか。老廃物を排出する効果のあるサルフェート入りだとより効果的です。
天然温泉水にもそのような作用があるものも。

また二日酔いに効く水もあるんです。抗酸化作用のある水を飲んで体の負担を減らします。

疲れにはアルカリ性炭酸水が。肉体的疲労ではなくて仕事などの精神的な疲れに効きます。
疲れると体が酸性に傾くんですね。
それをアルカリ性に戻してくれるそうですよ。

これだけいろんな種類があると、用途や悩みの目的に合わせて使い分けると鉄壁の体になれそうです。
いつも同じ水を飲んでいる人もたまには冒険してみて楽しんでみてはどうでしょう。

別のお気に入りも見つかるかもしれません。体の中からキレイになりますよ。